自己満足でなにが悪い!! 

皆様、こんにちわ(*^_^*) 日本史・世界遺産・色々な知識をおつたえします。たまに関係ないことも(>_<) コメントお待ちしております(^^♪

平安時代 其の10 院政!?結果、誰が一番偉いんですか?

皆様今日は良い笑顔が生まれましたか(*^_^*)

毎日のブログを楽しみにしている、「源義経FAN」です。

 

本日は腰痛が悪化し早退させていただきました。

そのまま整骨院行きです。

 

では、本日も少量ですが日本史タイムです!

平安時代 其の9 武士!カッコイイ響き!

からの続きです。

後三条天皇

後三条天皇宇多天皇以来170年ぶりの藤原氏外戚としない天皇でした。

有能な学者を重用し延久の荘園整理令を発布。摂関家に打撃を与え、国家財政の健全化に貢献しました。後継者を自身で白河天皇を任命し譲位する。

 院政

天皇皇位を後継者に譲って上皇となり、政務を天皇に代わり行う政治の事。
摂関政治が衰えた平安時代末期から、武家政治が始まるまでの間に見られた政治。

白河上皇鳥羽上皇による院政の流れ

白河上皇院政

1086年:堀河天皇 白河天皇堀河天皇に譲位し、上皇となり院政が始まる。

1096年:堀河天皇 白河上皇が出家して法皇となる。

1107年:鳥羽天皇 堀河天皇崩御する。鳥羽天即位

1123年:崇徳天皇 鳥羽天皇崇徳天皇に譲位

1129年:崇徳天皇 白河法皇崩御

鳥羽上皇院政

1129年:崇徳天皇 鳥羽上皇院政開始

1141年:近衛天皇 崇徳天皇近衛天皇へ譲位

1155年:後白河天皇 近衛天皇崩御の為、後白河天皇即位

1156年:後白河天皇 鳥羽上皇崩御

 

といった流れで院政が進みました。

法皇上皇天皇の順に偉いんですかね。

まぁ偉いとか偉くないとかではないと思いますけどね(/ω\)

 

本日はここまで!皆様一日お疲れ様です!

 このブログを朝見ている人は今日も一日頑張ってください(^O^)/

f:id:k-maeda-af:20170802000120j:plain

 では、皆様の一日に良い笑顔が生まれることを祈っております( ^ ^ ♪